グリーンハウスガイド
青汁や口臭などニオイの悩み対策サプリならグリーンハウス > 紙ヒコーキを作って飛ばそう。

紙ヒコーキを作って飛ばそう。

切って貼って楽しい紙飛行機作り

紙飛行機には、紙1枚折って作る折り紙飛行機もありますが、今回チャレンジしたのは、はさみで切って貼って作れる紙飛行機。教えていただいたのは、福岡県小郡市で紙飛行機デザイン工房を主宰する長松康男先生です。
工房におじゃますると、壁面いっぱいに色々なデザインの紙飛行機が飾られ、まずそのカッコ良さに子供たちのテンションも急上昇。
そして、長松先生が紙飛行機の説明をしながら、ぱっと飛ばすと、くるりと旋回して元に戻ってきて、子供たちや保護者の皆さんからも大歓声が!
翼のわずかな調整で飛ぶ方向が変る繊細さや、また、切れはしのような紙でも少し手を加えるだけで飛行物体に早変わりするなで、紙飛行機の面白さに気づかせれてもらいました。

いよいよ紙飛行機作りに挑戦。工作が得意な子供たちは、先生にアドバイスをもらいながら、あっという間に紙飛行機を完成。大人の方がてんてこ舞いでした(笑)。

紙飛行機作りのポイント

僕たちの紙飛行機が空高く飛んで行った!

飛行機を作り終えて広場にやってきました。
本当に飛ぶのか、子供たちはどきどき、期待と不安で胸がいっぱいにです。
紙飛行機は高く打ち上げるほど滞空時間が長くなりますので、ゴムの力を利用して飛ばします。お手製のゴムカタパルトに、紙飛行機を引っかけ、ゴムをグーンと引いて発射! ビュンと勢いよく紙飛行機は空高く上昇し、びっくりするほど遠くへと飛んでいってしまいました。
ワーっという歓声とともに、子供たちは飛んだ方向へ一目散。
見失わないように追いかけます。
「スピードは時速100キロ位出ています。
実際の飛行機の大きさに対比してみるとマッハ10ですよ!」
小さな紙製の飛行機が、想像を超える高さまで上昇し、雄大に滑空していく様子は、みんなに大きな感動を与えました。

飛ばして遊んで、紙飛行機が大好きになった子供たち。
思い出に残る貴重なチャレンジ体験でした。

飛ばし方のポイント

感動することで、子供たちの行動が変わります。

講師:長松康男先生
幼稚園の時、本の付録の折り紙飛行機を作り、旋回して自分の手に戻ってきたのに感動し、以来紙飛行機作りにはまる。工業デザイナーとしてメーカーに勤続中もハンググライダーで空を飛んだり飛行機への憧れは尽きることなく、55歳で退職後、2006年に紙飛行機デザイン工房を設立。紙飛行機の設計、デザイン、販売の傍ら、紙飛行機教室など地域活動を通じ、紙飛行機の楽しさを多くの人に伝えている。福岡紙飛行機を飛ばす会"PAPER ANGELS"会長。
九州紙飛行機連盟会長。

福岡県小郡市小郡101-1-J-502 TEL : 0942-73-1093
【ホームページ】 http://www.kankanbou.com/kami/  【ショップ】http://kami-hikouki.com/
紙飛行機の工作キットはホームページや東急ハンズで購入できます。
また、紙飛行機の図面をダウンロードすることもできます。

レッツGO!チャレンジ 体験モデルを募集します!

TOPページに戻る

▲ページのトップへ